逮捕者は居ないけれど、現金化って本当は犯罪?

みなさんは「クレジットカードの現金化というのは実は犯罪である」という話を耳にしたことはあるでしょうか。
今回は、犯罪であるかいなかについて見ていきましょう。

カードで買った物の所有権

クレジットカードで物を購入したら誰しも「自分のものである」と錯覚しがちですが、全くそんなことはありません。
家のローンと同じで、お金を返すまではカード会社に所有権が存在するのです。
もしも、お金を返してもらえなかったとしてもカード会社はその所有権を盾にお金を回収するのです。

売却してしまうと言うこと

ところが、現金化においては何らかの価値のあるものを他人に売却してしまいます。
こうすることによりお金に換えるわけですが、ここに犯罪性があるというのです。

横領罪

他人の物を勝手に誰かに売ってしまうと言うのは刑法上の横領罪に当たります。
盗んでいるわけではありませんから窃盗にはなりません。
所有権がカード会社にある以上、それを自分の物にしてお金を得ているのですから横領の罪で問われても仕方ないのです。

摘発されていない

しかし罪の意識がないという方も多いでしょう。
それもそのはず、この考え方はあくまで一つの考え方に過ぎず法的にはっきりとした答えが出されていないのです。
また、実際の摘発者というのもカード利用者側においては今のところ出ていません。
警察側も法的にはっきりしていない以上手出しは出来ないし、はっきりしたとて多くの利用者が居る状況を踏まえるとおそらく業者側を摘発する方針で動くことになるのでしょう。