自己破産につながる不健全な利用は皆がいやがる

クレジットカードを使いすぎて自己破産になるケースが多発しています。
自己破産をする人の特徴として、クレジットカードの現金化を頻繁に行っていたという事実があります。
なぜでしょうか。

キャッシング枠を使い切っている

そもそも、クレジットカードにはキャッシング枠と呼ばれるローン専用のサービスが搭載されています。
みなさんもATMでお金が足りなかったとき、一時的に利用した経験をお持ちではないでしょうか。
とはいっても、利用したが返済をしないのであればキャッシング枠は使い切ってしまいます。
自己破産をする人はまず、キャッシング枠を使い切るところから始まります。

何でお金を調達するのか

次いで彼らが考えることは、何でお金を調達するかです。
けれども定職に就いているならまだしも、職を転々としている状態であればなかなか安定的な収入には期待できません。
そこで、クレジットカードのもう一つの枠であるショッピング枠を現金化しようとするのです。

最後の砦である

ショッピング枠の現金化は最後の砦ともいえる存在です。
当たり前のことですが、キャッシング枠の中で借り入れていれば利息分が割り引かれて支払われることはありません。
しかし現金化においては、利息を差し引いて渡されるために分が良くないのです。

現金化は自己破産の兆候

カード各社が現金化を進めない理由として、現金化が自己破産の兆候であることをあげる場合があります。
多重債務者になる前に弁護士さんに相談することが必要ですね。