クレカで買った物は決して自分の物ではない

クレジットカードの現金かは街中で多くのお店が行っている一般的なことにおもえます。
しかし、本当はクレジットカード会社が嫌っていることを皆さんはご存じでしょうか。
なぜカード会社は現金化を嫌うのでしょうか。

クレジットカードで買った物の正体

そもそも、クレジットカードで何かしら物を購入したらそれは自分のものではありません。
クレジットカードはあくまで支払いを繰り延べている、借金をして購入している物ですから購入した物の資金の出所はクレジットカード会社であり、返済するまではカード会社に権利が帰属するのです。

売買することの可否

では、買った物を誰かに売却することは悪いことなのでしょうか。
実際に判例がまちまちですから、法的には何ともいえない状態です。
ただ、カード会社側はカードの規約により売却を禁止しているためその面では悪いことといえるでしょう。

現金化の盲点

つまるところ、規約で禁止している以上カード会社は現金化を取り締まる方針でいます。
しかし、法的には買取型の現金化に対して意見が割れているため強力な規制をかけられないのです。
実際、法的には横領罪や詐欺罪で処理するという考え方もありますが未だなお摘発された人はいないのです。

どうなるかはあなた次第

法的な禁止がなされていない以上、やってはいけないとはいえません。
しかし、カード会社の規約には反するわけですからもしもカード会社にばれてしまったときには自己責任と言うことになりますね。